精神科の患者が他科を受診するとどうなるか? 随時追加

まえおき
 精神科の患者さんに身体症状が生じたとき、高血圧や高脂血症などの軽症のものであれば、精神科の外来や病棟で対処することが可能です。しかし、高度の検査や手術を必要とするもの、がん、肺炎、水中毒などは、総合病院で対処していただかなくてはなりません。

 しかし、従来、精神科の患者さんが身体科を受診しても、治療を拒まれることが多くありました。扱いきれない、他の患者さんの迷惑になるなどの理由なのだろうと思います。近年は、このような精神病患者さんをこころよく受け入れてくれる医療機関も増えてきたように思います。

 ですが、まだ、精神科の患者ということで、はっきりと治療拒否されることもあります。これでは、精神科の患者さんの生命を相対的に軽く見ているというように捉えられても仕方ないのではないのでしょうか。障害者は、生きる意味がないと言って惨殺したあの人と本質的には同等になってしまうのではありませんか。

 ここでは、精神科の患者さんが直接的にあるいは婉曲な理由を提示されて身体科の治療を拒否されたり、嫌な思いをされた事例を報告しようと思います。受け入れる側の事情や限界というものがあることもわかっており、一方的に非難するつもりはありません。実態を調べ発信し、解決の道を探っていきたいと思います。家族会の方々、公的機関の方々、総合病院の方々、当事者の方々、精神科病院の職員の方など考えるきっかけになればよいと思います。

事例1
 当院の長期の入院患者Aさん男性、50歳代。統合失調症の解体型で、思考障害、陰性症状が強く会話はまとまらない。ニコニコして穏やかな時が多い。興奮するとか自傷行為とかはなく、隔離・拘束されることもない。身の回りのことは看護師らの支援で何とか行っている。生活能力、判断能力はかなり低下している。2020年某月初めから高熱が継続。血液検査上も炎症反応が認められるが、どこに問題があるのか当院ではわからず、近くの内科病院で、画像検査をしてくれたところ、肺がんの疑いということで、大きな総合病院の呼吸器内科に行くように言われた。当院の主治医は精神科入院中の患者であることを伝えた上で総合病院の内科を予約した。初診当日、本人、本人の姉、当院の看護師が受診に連れて行った。主治医は、検査、診断だけでもしてくれればよいと考えていた。

 以下、同行した看護師の報告である。予約した時間に行くと、診察室内で医師は、本人に名前と生年月日を紙に書くように言った。本人は、妄想のため、苗字は同じだが、異なった名前を書き、異なった生年月日を記載した。この医師はできないだろうと見抜いた点で慧眼かもしれない。次に医師が語ったのは、この病院では精神科の患者はみられないといい、検査もしないという。紹介はできないが、結核かもしれないし、コロナの PCR検査も必要と言い、数か所の総合病院の名前を挙げて、姉らにすすめた。姉らは食い下がったものの、何の検査も処方もされないで診察はあっという間に終了した。受診前に当院で行った炎症反応の数値 CRP は30を超え、かなり早期の治療が必要な状態だった。医師はそのことも知っていた。その病院には精神科医もいるし、医師の挙げた病院の中には逆に精神科医のいない病院もあった。
 患者らはそのまま当院にもどり、後日、他の総合病院に入院することができた。その病院のケースワーカーが精神科の経験もあったようでスムーズにいったようである。

 今時、この医師のような対応はまれではあると思うが、こういう対応をされることは残念なことです。その医者個人にはそれなりの理由があるのかもしれませんが、本人の命も危ない状態です。このような状況を改善するために、精神科医は大いにがんばらなくてはいけないと思います。怠慢であったり何も行動しないのはいけないことでしょう。これからそういった事例の事実を淡々と逐一報告していくことにします。

事例2
 2020年。私のところに通院している20代の重度知的障害の患者さん。両親はとても熱心。ショートステイしていた施設で意識がなくなりました。もともと多飲水の傾向があり、施設の職員が水中毒を疑い、救急搬送されました。救急搬送先は総合病院の救急科です。そこで採血され、低Na血症がありましたが幸い軽症で施設に帰ることができました。しかし、約2週間後に再び施設で倒れ、けいれん発作を起こしました。また、救急車が呼ばれ、同じ総合病院に搬送されました。このときも、低Na血症がありましたが、それほど重症でもなく施設にもどることができました。翌日、ご家族は患者さんを連れてきて、当院では抗てんかん薬の調整も行いました。その当日、その救急病院のスタッフから当院のケースワーカーに苦情の電話がありました。何度もこられても困るので、そちらの病院でなるべく対応してほしいということでした。しかし、当院のような精神科の単科病院では、水中毒が疑われても検査はできないですし、身体的治療も十分にはできません。当院で無理に見ようとすることは患者さんの命を危険にさらします。どうか、助けていただきたいと思いますし、何度も面倒かもしれませんが、ご対応をお願いするしかないのです。精神科の単科の病院で対応が困難なことはお分かりだと思うのですが。わかっていてそうおっしゃるのがどうしてでしょう。対応に家族も私も感謝は致しますが。

事例3
 2020年、半年ほど入院しているアルコール中毒、軽度知的障害、生活保護で身寄りがなく、埼玉の川べりでホームレスをしていたこともある50歳代の男性が、病棟内で意識を失いました。脳外科のある救急病院に搬送され、脳出血であることがわかりました。ついていった当院の研修医が、どこまでやればいいのでしょうか?と総合病院の医師に聞かれました。主治医である私のところに電話がありました。私は、当日まで元気でしたし、病棟内では落ち着いていました。単身生活は何度も失敗して入院を繰り返しましたが、穏やかな人柄で病院のスタッフからも愛されており、できるだけのことはやって助けてほしいと伝えました。その結果、挿管がされましたが、脳出血が重症だったのでしょう。お亡くなりになりました。精神科に入院していること、身寄りがないことなどで、普通の人とは違った対応をすすめられたような感じです。助けても後遺症が残るということがあったのかもしれませんが。彼は、人より不幸な生活を送ってきました。社会になじめない疎外感を抱いてきたでしょう。その最後の時にも、普通の人より軽い生命だとみられたということはないでしょうか。誰の中にもそういう差別感情はあるでしょう。私の中にもあると思いますが。

事例4
 2020年、当院に新入院した人。以前に、他の精神科病院に通院していた時に、病院の前でリストカットをしました。その結果、その病院を出入り禁止になったばかりか、それ以外の関連施設も出入り禁止になったとのことです。
 しかし、リストカットは病気に伴う問題行動であり、いくら玄関前でやったといっても出入り禁止になるとはおかしいと思いますが。本当だとしたら。組織を守りすぎではないでしょうか。一緒に地獄に落ちるようなことも覚悟してたまには受け入れましょう。

Hits: 1004