楽訓 貝原益軒の幸福論を読み解く

 益軒の養生訓が体の健康についての書籍としますと、楽訓は、こころの健康についての指南書のように思えます。彼が81歳の時に書いています。養生訓は83歳です。

 巻上の総論に書いてあることから始めましょう。天地の恵みを受けて生きているもので、人ほど尊いものはない、幸福なことだと言います。それなのに、多くの場合、愚かで人の道を知らずに心を苦しめ私心のみ深く、思慮が浅く、鳥獣と同じように生きてしまうといいます。むなしく過ごさないためには、どうしたら良いか? 益軒は、聖人の道を学び、天地からもらった仁を行って、みずから楽しみ、人にも仁を施して楽しませるといいといいます。仁とは、あわれみの心を本として、行ったいろいろの善をすべて仁というといいます。

 楽しみの定義として、益軒は、人の心にある天地からもらった至高の和の元気をいいます。天機が生きてやわらぎよろこぶ勢力の絶えないものを楽しみというといいます。そして、学ばなければこの楽しみのあるのを知らないといいます。

 「仁者は之を見て之を仁と謂ひ、知者は之を見て之を知と謂ふ。百姓は日々に用ひて而も知らず。故に君子の道鮮し」。仁や智という道徳律を重視しない普通の人々は、人間が一陰一陽の働きによって生かされていることを知らない。それゆえ一陰一陽の道を体得した君子人はほとんどいない。という易経の中の言葉を挙げて、そのようなものだといっています。

 この楽しみを失う要因として、益軒は、私欲を挙げます。私欲に煩わされると。この楽しみを失う。この楽しみは、鳥獣草木にもあるが、そのことを知らないといいます。これは本性から流れ出た楽しみであり、外に求めるものでない。耳・目・口・鼻・形の五感のわざを静かに欲少なく暮らせば、行きも帰りも楽しくないものはない。これは外物を楽しみの本としないからである。楽しみは内にあると強調します。

 では、益軒にとって外物とは何か? 飲食、衣服などの外からの養いがないと、内の楽しみを保てないといいます。内の楽しみがあることによって、飲食や朝夕の景色、花の装い、木々の茂りなど、外物の助けを借りて、内の楽しみを助けるということになります。

 天地の心に従い、わが仁心を保ち、つねに楽しみ、温和、慈愛を心がけ、情け深く、人を憐み、人に恵み、善を行うのを楽しみにしなければならぬ。人の悪さをさとそうと怒り、ののしるのは、やむを得ない場合である。

「精神科医の視点」で、寛容と不寛容について述べましたが、これを読むと、益軒の場合も寛容が主であり、不寛容は特殊な場合に限定されます。ただし、この「やむを得ない場合」がどのよう場合なのかは明確になってはいません。

 ああ、思い出しました。親鸞が怒ったのは、息子が「父親から特別な秘密の教えを受けた」などといって北関東で信者を惑わせたときでした。80歳代の親鸞は、息子を勘当することになりました。

 話はどんどん展開してしまいますが、偉人の子供が必ずしも立派な人間にはならないということ、むしろ、問題のある人物が多いということがあります。ガンジー、トルストイも。「偉人の残念な息子たち」という書籍があるくらいです。それにはきっと理由があるはずですが。不思議なことです。

 貝原益軒の肖像画は、貝原真吉が所有しているということで、子孫は現在まで無事につながっているのでしょう。65歳の時らしいです。狩野昌蓮が1695年頃描いたということです。独特の遠近法?です。2021年7月19日

 

Hits: 11

前の記事

精神科医の視点