社会復帰支援活動

社会復帰支援活動

■浦和神経サナトリウムの社会復帰までの活動方針

自分らしい生活ができるように入院生活から地域生活まで、
医師・看護師・作業療療法士・臨床心理士・精神保健福祉士が支援します。

患者様の持っている力に着目し、その力の維持向上の為、プログラムの充実を図り患者様と共に社会復帰に努めます。
※生活のリズムの確立、対人関係の改善、退院、就労支援をします。
※退院にむけて環境整備、余暇のすごし方、社会心理的問題の相談援助します。
※地域の社会資源(障害者生活支援センター、援護寮等)と連携し、安心して地域で生活できるよう支援します。

入院中から退院後のデイケアまで

入院中

■精神科作業療法
調理、手工芸、音楽、運動など様々な活動を通して、生活のリズムを作ったり、集中力を高め、退院に向けて心と体の準備を行います。


作業療法室

■レクリエーション
季節ごとのイベントに加え、病棟単位で、お散歩やお誕生会 などを行っております。

■ S S T ■
(社会生活技能訓練)

・基本会話訓練
・地域再参加プログラム
※コミュニケーションのとり方や 服薬管理・症状管理等の練習をおこないます。

■ 医療福祉相談 ■
入院や退院後の相談、経済的な問題や各種福祉制度、介護保険の利用について お気軽にご相談ください。
精神保健福祉士がご相談に応じます。

地域生活

■精神科デイケア「フレンドリー」
ゲーム、調理、スポーツ、手芸、外出などの活動を通して、仲間を作り、人付き合いを学び、体力をつけ、病気を知り、よりよく地域で暮せることを目的にしています。
看護師による、体調や健康のチェックも行っています。


デイケア室

 

■訪問看護指導
在宅患者様のお宅を定期的に訪問し、健康管理、日常生活のご相談に応じます。