うつ病のリワークプログラムとは?

 精神疾患による長期休業中に就労可能な程度まで病状が回復した方を対象に、徐々に社会生活や集団生活に慣らしたり、身体的・精神的な力を回復させたりするなど、職場復帰に必要な準備性を高める為の取り組みです。

リワークプログラム実施によるメリット

○長期休業後の復職に対する不安を軽減させ、自信を持つことができるようになる。

○復職後の急激な環境変化による病状悪化を予防することができる。

○再発予防教育などの実施により、社会復帰後も安心して就労できるようになる。

当院におけるリワークプログラムの特徴

☆官公庁や企業など、多くの職場で産業医を務める精神科医師が復職を全面的にサポートします。埼玉県でもっとも歴史のあるリワークです。

 ・復職する職場に合わせた復職プログラムを個別に作成します。
 ・職場上司や産業医との復職に関する環境調整も必要に応じて行います。
 ・利用者お一人につき、リワーク担当医と専門スタッフの2名が担当としてつきます。

☆単に職場復帰を果たすだけでなく、再発予防を含めた包括的な復職支援をいたします。

・産業医、心理士、看護師、作業療法士、精神保健福祉士(PSW)、管理栄養士等の専門スタッフによる再燃予防の講義を受講し、再発予防の知識を習得できます。
・管理栄養士による食事・栄養指導が個別に受けられます。

☆昼食希望者には栄養バランスが整った食事を無料で提供しております。

☆浦和駅から当院の無料送迎バスを利用できます。

◎お電話でお気軽にご相談ください。TEL 048-873-3115(代) リワーク担当 松永まで(平日の9時から17時)

リワークプログラム紹介

知的活動

タイムリーな情報や、復職後の仕事に関連する話題にふれることにより、復職の意欲を継続させていきます。

オフィスワーク

一人一人の職種、症状と段階に応じて内容を決めます。“脳トレ本”を利用して楽しみながら技能回復を図るなど無理のないプログラムを設定していきます。

プレゼンテーション


会議の場面を想定した時間となります。効果的なプレゼンテーション・ディスカッション技術などを体得し、日常の業務の中でも自分の感情を伝える場面や業務報告などに応用できます。


症状や体調の自己管理方法や、産業医・心理士等による講座を通して、職場適応の役に立つ情報を身につけます。また、ストレス対処法やコミュニケーションスキル習得のためのプログラムも実施しています。  

目標設定


復職までの目標を設定し、1週間ごとに進捗状況をスタッフと共有・目標の達成度を確認していきます。  

リラクゼーション


職場復帰に必要な体力や、気分転換の方法を、ヨガ・ダンス・ストレッチ・卓球等を通して楽しみながら身につけていきます。 

復帰直前プログラム


模擬通勤など、復職約1ヶ月前から、より実践的なプログラムを実施いたします。

2018年度リワークコース コンパス修了生の声

※休職になった時はとても不安でしたが、リワークで同様の立場の方々と出会え、考え方が前向きになれました。
リワークは復職への自信につながります。諦めずに通い続けて良かったと思います。(50代男性)

※このリワークでは社会のいろはや人とのコミュ二ケーション、ストレスとの共存について学びました。
今後に活用できそうです。(20代男性)

※とりわけ、利用者に合った手厚いサポート体制に魅力を感じました。利用者一人一人が抱えている課題は、様々であるため、一方通行の支援ではなく、利用者とスタッフ・担当医間の双方向のコミュニケーションの上で支援が行われている点が良いです。リワーク室にはスタッフが常駐し週1回の面談だけでなく何か気になることがあればすぐに相談にのってもらえました。リワーク担当医もよく話しを聞いてくださる方で安心感がありました。
しいて改善して欲しい点を挙げるとするならば、リワーク担当医の面談の日程が急遽決まり、準備にあわただしくなることが少なからずあった点です。 (30代 男性)

※通い始めた頃は気力も体力も落ちていて週3日がやっとでした。
慣れてくるにつれ、同じような病気を抱えた仲間とともに取り組むディスカッションや体力づくり、集中力づくりが楽しみになりました。
再燃予防プログラムの受講、スタッフ面談やドクター面談を通してきめ細かくご指導いただいた結果、自分の課題に気付き対処法を学ぶことができました。
今は病気になって休職したことさえ前向きに受け止められます。一人で悩んでいる方、まずは見学から一歩をふみだしてみませんか?(50代女性)

お問い合わせ・見学予約

    下記連絡先へお願いします。どうぞ、お気軽にお問合せください。

          〒336-0041 さいたま市南区広ヶ谷戸301-1
           浦和神経サナトリウム リワーク担当:松永 
           TEL 048-873-3115(代)(平日の9時から17時)
           e-mail:usshukki@bz03.plala.or.jp

Hits: 21301