当院は,こころの病気,いわゆる精神疾患の治療を行っています。
治療には,外来通院治療入院治療があります。
当院で,対応しております精神疾患について,ご説明いたします。

対応いたしております疾患

うつ状態やうつ病
気分が暗くゆううつで何もする気が起こらない。何もかもがおっくうであるという状態。食欲不振、不眠などの身体的症状も伴うこともよくあります。抗うつ薬の投与などをおこないますが、最近では「SSRI」、「SNRI」といわれる副作用の少ない薬剤が用いられます。また、うつ病のために休職に至った場合、会社復帰のために当院のリワークプログラムをご利用ください。

そう状態や躁うつ病
 うつ病と 同じく気分障害に分類される精神状態です。そう状態では,多弁で落ち着かず,易怒的で,浪費が止まらないなどの症状で本人,ご家族とも大きな損害となります。気分安定剤の適正使用で,安定化を図ります。

統合失調症や精神病状態
周囲の物音が敏感に感じられ、被害的に捉えてしまったり、時に自分に対する悪口が聞こえてきたり、 落ち着かずじっとしていられない、さまざまな異常行動をとってしまうなどの症状があります。外来・入院治療を含めて、「SDA」、「MARTA」などといわれる第2世代抗精神病薬を用いて、最新の治療を行います。

パニック障害
人中で急に息ができない状態になったり、ひどい不安に陥ったりする場合があります。また、発作が再び起きるのではないかという予期不安が常にあり、自由に出歩くのが怖くなることもあります。抗うつ剤や抗不安薬により症状をコントロールしていくことが可能です。

不眠症
不眠にはさまざまなタイプがあります。なかなか寝付けないタイプ。浅い眠りで何度も目が覚めるタイプ。早朝に覚醒してしまうタイプなど。それぞれのタイプに合った薬剤を用いることが大切です。

発達障害
 発達障害は,現在,大きな社会的問題となっています。対人関係がうまく保てない,こだわりがあり,社会生活が円滑にすすまない,発達障害に伴うさまざまな精神症状が付随して苦しむなどがあります。発達障害の簡易検査,対症的な薬物療法が可能です。

その他
 思春期や青年期の心の問題、神経症(ノイローゼ),知的障害に伴う精神症状,認知症に伴う精神症状,発達障害などの治療、家族相談を行っております。

通院治療について

 初診につきましては,月曜日から金曜日までの 8:40から11:30 までの間,受付をしております。この時間帯につきましては,予約なしで初診を受け付けておりますので,保険証をお持ちの上,おいでください。現在通院中の医療機関がございましたら,診療情報提供書をお持ちください。(必ずしも必要ではありません)
 平日,午後の時間帯には,予約制で初診を受け付けております。事前にお電話でご予約ください。

入院治療について

当院では、新規の入院患者様の入院を対象とした急性期病棟と長期の入院患者様を対象とした一般病棟があります。

病状が不安定で外来治療では不十分な場合、一時、家庭から離れて休息を必要とするような場合には、入院治療が有効です。入院治療を行うことで,長年の問題が解決に向かう場合も多く経験いたしております。

精神保健福祉法に基づいた入院治療には,主に,患者様ご本人の同意による任意入院,患者様は病気のために入院の必要性が理解できないが,精神保健指定医が入院が必要と判断し,家族や後見人の同意で入院する医療保護入院があります。

入院治療を治療の導入として利用していただき,1-3か月の濃密な入院治療を行い,症状の鎮静化病気への理解を深めます。そして,良好な通院治療へと移行していくのが一般的な治療過程です。

入院中には,医師の精神療法,作業療法士の作業療法,看護師の生活技能訓練,臨床心理士の心理検査,薬剤師の薬剤管理指導などを必要に応じて行います。

入院中は、医師のほか精神保健福祉士、看護師等が、ご本人,ご家族の事情に合わせた対応をこころがけ,退院後の生活に必要な,訪問看護デイケア作業所通所通院医療費公費負担などの準備を行います。

また,病状や必要性に応じて,障害者手帳の取得,障害年金受給などの公的支援につきましてご説明,支援を行います。どうぞ,遠慮なくご相談ください。

急な入院にもできるだけ対応いたします。入院の予約,手続き等につきましては,お電話でお尋ねください。
電話 048-873-3115

Hits: 20483