診療案内

診療案内

■ うつ状態やうつ病

気分が暗くゆううつで何もする気が起こらない。
何もかもがおっくうであるという状態。食欲不振、不眠などの身体的症状も伴うこともよくあります。
抗うつ剤の投与などをおこないますが、最近では「SSRI」、「SNRI」といわれる副作用の少ない薬剤が用いられます。
また、うつ病のために休職に至った場合、会社復帰のために当院のリワークプログラムをご利用ください。

■ パニック障害

人中で急に息ができない状態になったり、ひどい不安に陥ったりする場合があります。
また、発作が再び起きるのではないかという予期不安が常にあり、
自由に出歩くのが怖くなることもあります。
抗うつ剤や抗不安薬により症状をコントロールしていくことが可能です。

■ 不眠症

不眠にはさまざまなタイプがあります。なかなか寝付けないタイプ。浅い眠りで何度も目が覚めるタイプ。
早朝に覚醒してしまうタイプなど。それぞれのタイプに合った薬剤を用いることが大切です。

■ 統合失調症や精神病状態

周囲の物音が敏感に感じられ、被害的に捉えてしまったり、時に自分に対する悪口が聞こえてきたり、 落ち着かずじっとしていられない、さまざまな異常行動をとってしまうなどの症状があります。
外来・入院治療を含めて、「SDA」、「MARTA」などといわれる第2世代抗精神病薬を用いて、最新の治療を行います。

■ その他

思春期や青年期のさまざまな心の問題、神経症(ノイローゼ)などの治療、家族相談を行っております。

◎お電話でお気軽にご相談ください。048-873-3115(平日の9時から17時)

入院治療について

■ 当院では、新規の入院患者様の入院を対象とした急性期病棟と長期の入院患者様を対象とした一般病棟があります。

■ 病状が不安定で外来治療では不十分な場合、一時、家庭から離れて休息を必要とするような場合には、入院治療が有効なことがあります。

■ 入院中は、医師のほか精神保健福祉士、看護師等が、さまざまな問題に親切に対応いたしますので、安心して入院生活を送ることができます。

■ 入院の手続き等につきましては,お電話でお尋ねください。